待ち望まれたクラビット

クラビットとクラミジア

日本には、性感染症の悩みを抱えている人が男女を問わず多いです。ここ数年、若い世代の性感染症患者が増え、中には高校生の患者もいることから、学校などでも問題になっています。しかし、いくら学校で注意しても、親の目の届かないところで性交渉を行い、その結果、性感染症にかかる若者が後を絶ちません。性感染症の中で最も患者数が多いと言われているのが、性器クラミジア感染症です。クラミジアは、生殖器や泌尿器の粘膜に感染することが多く、最近では、オーラルセックスの広まりにより、喉に感染するケースも増えています。母親が性器クラミジア感染症にかかった場合、出産の時に赤ちゃんに感染することもあります。赤ちゃんに感染した場合、肺炎を起こすこともあるので注意が必要です。女性は、感染すると病原体が広がりやすく、症状が悪化すると不妊症になるケースもあるので、注意が必要です。男子がクラミジアに感染すると、尿道に感染して尿道炎を起こします。症状は、ペニスから膿が出て、かゆみなどを感じるケースもあります。しかし、無症状のことも多く、自覚症状がないまま他人と性交渉を行い、感染を広めてしまうこともあります。クラビットは、クラミジアやマイコプラズマなどに対して使われるニューキノロン系の抗菌薬です。昔の抗菌薬に比べると抗菌力が強く、様々な細菌に対して効果を発揮します。ペニシリン系の治療薬に比べると、副作用も少ないです。腎臓病の患者や高齢者は、医師に相談してから使用することが大事です。クラビットは、症状によって飲み方が異なるので、医師から指示された使用法と使用量を守って服用します。また、副作用は少ない方ですが、服用中に体に異常を感じた場合は、すぐに病院へ行って診断を受けることが大事です。

■クラビットよりも安価で同じ効果があるレボクインでクラミジア治療しましょう!
クラビットのジェネリックもあるらしい